現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ネットスター!12月号を見た。

 いまさらながら、12月5日(金)放送のザ・ネットスター!12月号は、「ちょっと早めの大忘年会!」。ゲストは、松来未祐(声優)、白石稔(声優)、岡田有花(ITmedia記者)、白田秀彰(法政大学准教授)、東浩紀(批評家)、金田朋子(声優)。

 前回に続いて、アキバ公開収録。また、コメントや弾幕をワラワラと出す装置の「こめだわら壱号」を、使ってやるのも前回と同じ。
 「ちょっと早めの大忘年会!」っていうより、「ニコニコ忘年会」っていう感じかな。

 最初のネタは、「踊ってみた」から、「暴徒」「みどー」「イチコ」の三人が登場。アイマスの曲「shiny smile」で踊るとか、みどー氏ぬるぬるしすぎw。
 次のネタは、「演奏してみた」から、一人同時演奏の「事務員G」、手おならの「ゆたか」、口笛の「くちぶえ村の村長」の三人が登場。演奏する曲はAIRの「鳥の詩」、やはり手おならとのミスマッチぶりが笑えた。天の声の「おこめ券進呈」ネタは、鍵っ子以外に通じたのだろうかw。
 そして、「謎のスペシャルゲスト」が登場するも15秒で終了w。これはひどい。フルバージョンはネトスタのHPで見られる。
 つづいて、「歌ってみた」から、「プリコ」は初音ミクの「メルト」。プリコさんは、2007年12月にCDデビューしたと明かされる。
 さらに、「やまだん」「湯毛」「赤飯」で「第2次スーパーロボット大戦α」のテーマソングにして熱血ソングの定番「SKILL」を歌う。ところで、これってゲームのテーマ曲だけど、アニソンに分類されるのかな? あと、赤飯氏の性別がついに明らかになる。

 ここで、「ネットでの顔出し」について、トークがされる。
 実際の番組内での顔出し有無はというと、女性の方がほとんど顔出し無しなのに対して、男性の方はほとんど顔出し有りという違いが明らかだった。
 ただ、顔出し有りの人でも、事務員G氏が話していたように、このネットスターという番組に出るにあたって顔出しするようになったって人の方が多かったみたいだった。
 そして、白田先生がネットの顔出しのメリット・デメリットを話す。デメリットの方は、実は想定できない、顔出しすると何が起こるかわからないという漠然とした不安から安全策として顔出ししないと語る。メリットの方は、自分のこととして、就職できたこと・テレビ出演の声がかかったことなどを挙げた。アイデンティティーが出ている人に対して、人間は好感を持つということからすると、顔出しする方が良いんじゃないかといったことも話す。
 岡田さんは、女性の顔出しはまた別の問題もあって、どんなにかわいくても必ずネットで「ブサイク」と書かれることがあり、それが辛いから顔出ししないといったことを話す。
 顔出しについては、最後に出ていた「著作権を侵害しているのに顔出しは勇気がいる」ってのが、ニコニコ動画での顔出しが少ない理由かもしれない。
 あと、他の要素、例えば、イラストレーターなら絵柄、歌い手なら歌声、といった要素により個人識別が可能ならば、必ずしも顔出しはネットにおける個人識別の重要な要素ではないのだから、顔出しはむしろ不要なのではないかと、個人的には思ってみたりする。

 ラストゲストに東氏が登場するも、ほとんど終了モード。
 最後のオチは、白石氏による歌の途中で強制終了。

 忘年会で印象に残ってたのは、くちぶえ伴奏やメルトでの伴奏などなど、事務員G氏の演奏の汎用性高さが良かった。
 さて、来年のネットスターは、ニコニコ動画にある意味依存している「ニコニコスター」状態から脱却できるかが課題かな。個人的には、ニコニコスター状態でも、あまり知らないネタがそれなりに出てきていて面白いから、それはそれでありだなって思うけどね。
スポンサーサイト

いまさらなアニメ夜話の公開録画レポ

 10月に行ったBSアニメ夜話の公開録画で見聞きしたものを適当に思いつくままに、放送されたものもそうでないものも書いてみる。
 本当は昨日にUPしなきゃならなかったのに、申し訳ない。
 なお、メモを取ってなくて、後日記憶から引き出しながら書いたものなんで、色々と抜けてたり、正確性を欠くものだったりするかもしれないけどそこは勘弁。


 まず、10月のエントリでも書いた「絶対に放送されないと思ったネタ」である「なぜラガンの駆動キーのコアドリルは、車のキーみたいに左回しではなく、右回しなのか」というものから。これは、アニメマエストロの準備中に岡田氏が「なぜラガンの駆動キーのコアドリルは、車のキーみたいに右回しではなく、左回しなのか」と武田氏に聞いた。これに対して、武田氏は「それは、あしたのジョーの拳(こぶし)から。」と、ボクシングのパンチであると答えていた。また、武田氏は、割とよく聞かれる質問でもあると答えていた。
 そして、話はそのままドリルなんかの話になり、「今石(監督)の初監督作品見たか!?ドリルちんこ出とるぞ。」と武田氏が爆弾発言をかますと、中島氏が「自分も劇団新感線で股間からヤマトの波動砲を撃つってネタをやった。」とカメラが回っていても絶対放送できないよなーと思うトークを存分にするのだった。
 その後を受けて、アニメマエストロのコーナーの収録が行われるのだったが、氷川氏が何事もなかったかのように頑張っていたのが印象的だった。

 アフレコについて、武田氏曰く、通常のアニメはアフレコに半年ぐらいかけるんだが、グレンは1年くらいかけた。声優さんの飲み会があって、自分は3回目から参加して、アフレコの度に毎回やったのでスタジオ周辺の飲み屋は全部押さえた。また(シモン役の声優である)柿原が飲み会やろうって言うんだ、「連れてってくださいよー(モノマネが上手かったw)」とか。

 制作費について、武田氏曰く、ラガン篇の新作カットはグレン篇の倍以上。制作費が予算オーバーすることは確定してて今から頭を抱えている。

 岡田氏曰く、「なんでガイナックスは巨大なものを空中に浮かべたがるかね?」。これは、ふしぎの海のナディアとか新世紀エヴァンゲリオンとかで色々と空中に浮かべてたのを踏まえての発言だと思う。

 里アナが福井さんに何か質問をして、福井さんがあまりスムーズに答えられないのを見て、岡田氏が「お姫様には、『はい』か『いいえ』で答えられるような質問をしなきゃ」と注意をする。

 シモン女の子説。岡田氏曰く、1部のシモンは女の子の描き方。それがドリルを持って男になる。だから、8話のアニキとヨーコのキスシーンの動揺は、ヨーコがアニキに取られると思ったんじゃなくて、ヨーコにアニキを取られると思ったことによるもの。普通なら、アニキが死んで、好きな女とくっつくはずが、そうしないで落ち込む。といった感じのシモン女の子説を披露。

 カミナが退場するタイミングについて、中島氏が監督は最初の方から決めていたとかいう話にのときに、力石の退場が早かったようにとあしたのジョーとからめて話す。また、坂本竜馬を明治時代まで生きさせてはダメとも話す。

 佐藤氏がヴィラルの負け犬なところとか、ずっとグレンにカミナが乗っていたと勘違いしていたところなどズレているところを含めて、ヴィラルが好きだと言うと、喜屋武さんが「ヴィラルはS心をくすぐりますよね。」とトークを広げる。
 ヴィラルについては他に、中島氏は、アフレコでヴィラル役の声優の檜山氏が、アディーネの尻尾ビンタでヴィラルが「はうっ!」と言うシーンをブースで聞いてそのキャラをつかんだとか話していた。

 あと、「『バカ』と『せつなさ』と書いて『漢(おとこ)』と読む」ってもの発言もあったけど、どういった話の流れだったか忘れた。


 再度注意、メモを取りながら聞いてなく、後日記憶から引き出しながら書いたものなんで、色々と抜けてたり、正確性を欠くものだったりするかもしれないけどそこは勘弁。

BSアニメ夜話 第11弾 第三夜「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」を見た。

 11月5日放送のBSアニメ夜話第11弾の第二夜は、「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」(ウィキペディア)。出演者は、宮地真緒(女優)、佐藤大(脚本家)、中島かずき(「グレンラガン」脚本)、福井裕佳梨(「グレンラガン」ニア役声優)、武田康廣(「グレンラガン」プロデューサー)、岡田斗司夫、氷川竜介、喜屋武ちあき、里匠アナウンサー。

 話の流れは、次のような感じ。
 出演者の紹介。
 グレンラガンの紹介。
 中島氏が監督に何をやりたいかと聞いたら、「ドリルです。」と言われたという話。この後、ドリル話が続く。シールド工法では、地球を救えないという話も出る。
 岡田氏のオススメのシーンは、カミナがシモンと最後の合体をする場面。カッコイイということは、頭が悪いって事なんですよと。感動するアニメには、二種類があって、心にしみるアニメと魂が燃えるアニメであるとも話す。また、ガイナックスのアニメでおっぱいが揺れる理由は、視聴者を引き込んで中腰にさせて、熱い台詞を信じさせるためと述べる。
 中島氏のオススメのシーンは、オープニングの場面。テレビ版と劇場版でオープニングが変わった理由を監督の意向だと話す。
 武田氏がここで登場。グレンラガンが作られるキッカケなどを話す。
 宮地さんのオススメのシーンは、シモンがカミナと会うところや、シモンがグレンに乗り込む場面。
 カミナが退場するタイミングについて、宮路さんは早すぎるんじゃないのかとか、中島氏が監督は最初の方から決めていたとかいう話に。
 氷川氏のアニメマエストロのコーナー。原画に使われるアクションゲージの解説。緩急のある動きによって、かっこよく見せる演出が出来ているという話。
 福井さんのオススメのシーンは、ニアが大グレン団に紹介される前後の場面。
 佐藤氏のオススメのシーンは、シモンがニアと初めて出会う場面。「天然は天候を変える。」
 喜屋武さんのオススメのシーンは、カミナ退場後の一番盛り上がるところで、アニメマエストロのコーナーでも解説されていた場面の前後。
 最後のまとめは、岡田氏がなぜ21世紀のこの時期に魂の燃えるこのアニメが登場して受け入れられたかという話をして終わり。その話の内容は、グレンラガンを見ている人の中にある子供の頃に持っていた魂が燃えていた心を掘り起こしたアニメである、といったところ。


 感想は、編集技術ってすごいなってところ。でも、思ってたよりもカットされているところは少なくて、面白かった話は結構放送されてた気がする。
 未放送のところで面白かったところは、明日また書く予定。
 熱血アニメも悪くないと思わせる番組だったんじゃないかな。

 さて、次のマンガ夜話かアニメ夜話はいつになることやら、またしばらく待たなきゃならないのかね。また、面白いコンテンツを取り上げてくれると良いな。

BSアニメ夜話 第11弾 第二夜「ガンバの冒険」を見た。

 11月6日放送のBSアニメ夜話第11弾の第二夜は、「ガンバの冒険(ウィキペディア)」。出演者は、半田健人(俳優)、仁藤優子(女優)、神山健治(アニメ監督)、椛島義夫(「ガンバの冒険」キャラクターデザイン・作画監督)、河原さぶ(俳優・「ガンバの冒険」主題歌歌手)、岡田斗司夫、藤津亮太、加藤夏希、里匠アナウンサー。

 話の流れは、次のような感じ。
 出演者の紹介。
 ガンバの冒険の紹介。
 イカサマは、女の子にモテそうだとか、そんな話。
 半田氏のオススメのシーンは、第1話の冒頭のシーン。
 仁藤さんのオススメのシーンは、第10話のガンバがハグれてしまうシーン。
 ここで、ガンバの冒険の主題歌を河原さぶ氏が生歌で登場。
 岡田氏の3大オープニングアニメソングは、トリトンとガンバとサイボーグ009らしい。
 どのキャラクターが好きかといった話題に。加藤さんがノロイが好きという話から、椛島氏がノロイをスケッチしてくれることに。
 藤津氏のアニペディアのコーナー。映画的な演出の出崎監督とキャラクターの動きが魅力の椛島氏たちの奇跡的な出会いというか化学反応をいくつかの場面を見ながら解説。
 椛島氏のオススメのシーンは、第2話のガンバが初めて海を見る場面。海が動くシーンを背景に描かせているという話が出る。
 岡田氏のオススメのシーンは、第8話のザクリとガンバたちの対決場面。
 神山氏のオススメのシーンは、第23話のあるキャラクターが仲間を裏切って弟を返してもらう場面。イカサマが殴る強さで感情の動きを表しているといった話が出る。

 最後のまとめ。岡田氏曰く、「テレビアニメの教科書」。映像クリエーターや演劇をやる人は、ガンバを見て学んで欲しいと。


 感想は、やっぱりノロイは恐ろしい敵キャラだと確認したってところ。
 半田氏が話していた映画っていうのは、「冒険者たち ガンバと7匹のなかま」っていうもので、1984年の作品みたい。
 自分も再放送で見たクチなんで、最近あまりアニメの再放送をしないテレビの状況は、昔の良作品にめぐりあうチャンスが少ないことにつながり、非常に残念だということも感じた。

BSアニメ夜話 第11弾 第一夜「電脳コイル」を見た。

 11月5日放送のBSアニメ夜話第11弾の第一夜は、「電脳コイル電脳コイルのウィキペディア記事。出演者は、松嶋初音(タレント)、稲見昌彦(慶応大学教授)、平松禎史(「電脳コイル」原画・各話演出担当)、岡田斗司夫、氷川竜介、加藤夏希、里匠アナウンサー。

 話の流れは、次のような感じ。
 出演者の紹介。
 電脳コイルの紹介。
 アニメや映画などが大学などの研究へ影響を与えることがあるというエピソードを稲見教授から紹介される。例として、士郎正宗の攻殻機動隊やブレードランナーなどが挙げられる。
 岡田氏のオススメ。SFアニメは頭脳系と魂系があるという説を述べてからオススメのシーンへ。オススメのシーンは、第5話の電脳メガネの設定説明的なところ。
 稲見教授のオススメは、第2話のメタタグを作るシーン。プログラムを触って作ったり使ったりする研究があるとかいう話が出る。そして、ハイテク機器を使える老人はカッコイイという話に。
 加藤さんのオススメのシーンは、第8話の夏休みの回。
 氷川氏のアニメマエストロのコーナー。エフェクトについての解説。レイヤーが36枚だとか、ガラとか、色々と。
 平松氏のオススメ。第10話のハラケンが日記を読むシーン。
 松嶋さんのオススメ。第24話のメガネを捨てるように諭されるシーン。

 最後のまとめ。岡田氏曰く、「妖怪っていうものは、文明とともにあるんです。平安時代のツクモガミ、物に憑く神として描かれていると・・・妖怪というものは本質的にそうです。だから、21世紀の妖怪ものというのは、明るい現実の中にあるんじゃなくて、手探りでなかなか分からないヴァーチャルな世界に生み出した。水木しげるに続く日本の妖怪ものとして大発見です。」
 ラストは、電脳メガネ風に演出して終了。


 感想は、全体的に無難にまとめた回といったところ。
 SF的で、この作品の肝である電脳メガネのこともソツなくまとめていた感じだし、第8話とか第10話の恥ずかしいような照れるようなそんな場面も紹介してたしということで。
 アニメマエストロは、毎度たった数秒のシーンでここまで手間をかけているのか!ということを紹介するんだけど、今回のもなかなかすごかった。レイヤーを36枚も重ねるっていうのはデジタル処理とか出来るっていっても手間をかけすぎってくらいかけてるよなぁ。知らなかったら「ふーん」で見逃すような場面を見直す良いコーナーだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。