現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSアニメ夜話 第11弾 第三夜「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」を見た。

 11月5日放送のBSアニメ夜話第11弾の第二夜は、「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」(ウィキペディア)。出演者は、宮地真緒(女優)、佐藤大(脚本家)、中島かずき(「グレンラガン」脚本)、福井裕佳梨(「グレンラガン」ニア役声優)、武田康廣(「グレンラガン」プロデューサー)、岡田斗司夫、氷川竜介、喜屋武ちあき、里匠アナウンサー。

 話の流れは、次のような感じ。
 出演者の紹介。
 グレンラガンの紹介。
 中島氏が監督に何をやりたいかと聞いたら、「ドリルです。」と言われたという話。この後、ドリル話が続く。シールド工法では、地球を救えないという話も出る。
 岡田氏のオススメのシーンは、カミナがシモンと最後の合体をする場面。カッコイイということは、頭が悪いって事なんですよと。感動するアニメには、二種類があって、心にしみるアニメと魂が燃えるアニメであるとも話す。また、ガイナックスのアニメでおっぱいが揺れる理由は、視聴者を引き込んで中腰にさせて、熱い台詞を信じさせるためと述べる。
 中島氏のオススメのシーンは、オープニングの場面。テレビ版と劇場版でオープニングが変わった理由を監督の意向だと話す。
 武田氏がここで登場。グレンラガンが作られるキッカケなどを話す。
 宮地さんのオススメのシーンは、シモンがカミナと会うところや、シモンがグレンに乗り込む場面。
 カミナが退場するタイミングについて、宮路さんは早すぎるんじゃないのかとか、中島氏が監督は最初の方から決めていたとかいう話に。
 氷川氏のアニメマエストロのコーナー。原画に使われるアクションゲージの解説。緩急のある動きによって、かっこよく見せる演出が出来ているという話。
 福井さんのオススメのシーンは、ニアが大グレン団に紹介される前後の場面。
 佐藤氏のオススメのシーンは、シモンがニアと初めて出会う場面。「天然は天候を変える。」
 喜屋武さんのオススメのシーンは、カミナ退場後の一番盛り上がるところで、アニメマエストロのコーナーでも解説されていた場面の前後。
 最後のまとめは、岡田氏がなぜ21世紀のこの時期に魂の燃えるこのアニメが登場して受け入れられたかという話をして終わり。その話の内容は、グレンラガンを見ている人の中にある子供の頃に持っていた魂が燃えていた心を掘り起こしたアニメである、といったところ。


 感想は、編集技術ってすごいなってところ。でも、思ってたよりもカットされているところは少なくて、面白かった話は結構放送されてた気がする。
 未放送のところで面白かったところは、明日また書く予定。
 熱血アニメも悪くないと思わせる番組だったんじゃないかな。

 さて、次のマンガ夜話かアニメ夜話はいつになることやら、またしばらく待たなきゃならないのかね。また、面白いコンテンツを取り上げてくれると良いな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。