現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ネットスター!1月号を見た。

 1月10日放送のザ・ネットスター!1月号は、「ちょっと遅めの新年会!イラッ☆」。ゲストは、後藤沙緒里(声優)と東浩紀(批評家)の二人。

 取り上げられたネタは、次のもの。

 最初のネタは、「うし動画」。
 ペットに牛のコスプレをさせる「猫・犬・フェレットの牛コスプレ」。この動画作者のブログ。 5頭のライオンに水牛の子供が襲われるが、逃げた親牛が数十頭の仲間と共に子供を救出する「Battle at Kruger」。
 ウシが牛肉を使った料理をする「ウシの料理 『牛肉コロッケ』」(ニコニコ動画)。この動画作者のマイリスト

 この後、スタジオに戻って「ウシの料理」作者の考案したウシ雑煮を司会者&ゲストが食す。

 次のネタは、「聖地巡礼」。
 「『聖地巡礼』とは、元々宗教上の神聖な場所を訪ね歩くということ。しかし、アニメファンが向かうのは、アニメやゲームに登場する舞台のモデルになったと考えられている場所である。」と番組では解説。
 とりあげられたアニメ作品は、「かんなぎ」(巡礼サイト)。また、聖地巡礼のサイトや、「かみちゅ!」(巡礼サイト)・「ひぐらしのなく頃に」(巡礼サイト)などの巡礼サイトも取り上げられる。他にも、2chの国内旅行板にある聖地巡礼旅行スレも取り上げられる。
 聖地巡礼を一躍有名にしたアニメ作品として「らき☆すた」も取り上げられる。これに関連して、らき☆すたで町おこしをしている埼玉県鷲宮町や、北海道大学の観光学高等研究センターの「【研究調査報告】アニメ聖地における巡礼者の動向把握方法の検討~聖地巡礼ノート分析の有効性と課題について」も取り上げられる。このレポートを読んでみたところ、アニメによる地域振興の効果の研究というより、聖地巡礼者の動向把握のやり方で、聖地巡礼ノートを分析するやり方の効果と問題分析ってところ。こういう研究、良いね♪
 聖地巡礼レポートを行っているサイトとして、「ジャブローの風の噂」が取り上げられる。このサイト管理者に取材が行われる。このサイト管理人がこのとき行った聖地の舞台作品は『あの』「School Days」。
 アニメファンの聖地巡礼行動について、アニメ制作者サイドは、どう思っているかをアニメ制作会社プロデューサーの大松裕氏にインタビュー。「そこまでつっこまないで欲しいなという気分も個人的にある。」と話す。実在する場所をモデルにする理由として、アニメ作品が数多く作られる中、作品を見てもらうためのきっかけとして、制作者側も期待するところがあるとも話す。

 ここで、スタジオに戻って、司会者・ゲストが自ら聖地巡礼した経験を語る。話題に上った作品は、「耳をすませば」、「頭文字D」など。
 ネット普及によって聖地巡礼がしやすくなったとか、実写の舞台を使う理由としてネットで話題になりやすくするためというものがやはり考えられるといったことが語られる。

 そして、ついに今回の目玉企画、東氏母校を訪ねるの巻。「CLANNAD」の舞台が東氏の母校である筑波大学付属駒場中・高等学校らしい。東氏がネットで最初にこの件に言及したものはこちら。アニメと同じ構図の写真を撮るべく番組スタッフに協力してもらってみたり・・・。やる夫とやらない夫のAAを使うとは、番組制作担当者やるなーw。

 またまた、ここでスタジオに戻って、聖地巡礼の成果である写真を見せたりする。そして、ロケで副校長と一緒に行動してたから大変だったなどといった東氏の微妙な愚痴が入る。
 次のような聖地巡礼の諸注意が行われる。
「聖地巡礼の心得
一.大人数で騒ぐべからず。
二.不審な行動をとるべからず。
三.むやみに写真を撮るべからず。
四.聖地を荒らすべからず。」

 お正月スペシャルバージョンでセレクたん登場。
 一つ目のネタは、「うがい男」。
 二つ目のネタは、「モナー神社」。

 ねとすた愛のタレコミ部屋のコーナー。
 今回のネタは、美しい風景を見せてくれるサイトの「continuous shatter」。この動画作者のニコニコ動画のマイリスト

 今回のネットスターは、聖地巡礼に決定。いろんな人がいたが、最終的に東氏が選ばれるw。

 今回の放送は、聖地巡礼と「continuous shatter」が面白かったかな。
 聖地巡礼は、結構以前から行われていた事柄ではあるけど、ここ最近ニュースなどにも取り上げられるようになってきていたから、改めてどういう事柄であるかということの確認といった意味合いではよく出来ていたかと。まさか、観光学のレポートまで取り上げるとは思わなかった、いやぁGJ! 個人的に、アニメやマンガを使った地域振興に関心があったんで、実に興味深かった。以前、中国経済産業局のサイトで見た「平成19年度 中国地域におけるアニメ等コンテンツを活用した地域振興方策の実証事業」報告書と同様に興味深かった。
 「continuous shatter」は、何といってもその映像の美しさには、目を見張るものがあった。

 公式サイトの「掲示板」での情報によると今年の4月以降も続くみたいだし、まだこの番組はしばらく見続けることになりそう。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。