現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ夜話の公開録画に行ってきた。

アニメ夜話の公開録画に行ってきた。
 一つのアニメ作品を取り上げて一時間近くとことん語る番組BSアニメ夜話の公開録画があったので、見に行ってきた。BSアニメ夜話のwikipedia
 さて、公開録画のテーマとなるアニメは、グレンラガンの劇場版。グレンラガンのwikipedia

 会場は広島市立大学の講堂・大ホール。
 司会者は、おなじみ里匠アナウンサーとアニメ夜話は初となる喜屋武ちあきさん。
 ゲストは三人で、やはりおなじみ岡田斗司夫氏、女優の宮地真緒さん、脚本家の佐藤大氏と、マンガ夜話やアニメ夜話では何度か呼ばれたことのある方達。
 アニメスタッフからは二人で、脚本家の中島かずき氏と女優・声優の福井裕佳梨さん。あと一人アニメスタッフ関係者が客席に来ていたが、それはさておき・・・。

 収録開始前に司会者二人が出てきて、里アナウンサーがまずこのことについてお詫びから話していた。それは、元々の企画では「涼宮ハルヒの憂鬱」を予定していたのだが、まぁ色んな事情があってダメになったんで、ゴメンナサイといった趣旨の話。「涼宮ハルヒの憂鬱」は、この番組でぜひ取り上げて欲しい作品だっただけに残念。いつかはこの番組でハルヒを取り上げてくれる日が来ると信じてる。

 内容は、放映を見てもらうとして、キーワードは「頭が悪いアニメ(褒め言葉)」「バカ(褒め言葉)」by岡田氏。事前にスタッフから、「頭が悪い」「バカ」といった言葉を使わないように指示されたが、無理だと岡田氏が話していた。
 もし、「頭が悪い」「バカ」という言葉が放送されなかったら、アニメ夜話のスタッフはすごい編集技術を持っていると感心するよ。そのくらい「頭が悪い」「バカ」といった単語が飛び交っていた。

 氷川竜介氏によるアニメマエストロのコーナーも当然あった。ついにここまで解説することになったか・・・という内容。

 10月11日(土)15:00~17:00までの予定だったところが、30分近くオーバーして終了した。放送に使える部分が少なくて長くなったんだろうなぁ・・・。公開録画では、ときどきあった公開録画に来た一般人からの質問を受けつける質問コーナーがなかったくらい時間が押してたんだろうな。ま、あの質問コーナーは、ちと見ていて色々と痛いところだったんで、個人的には無くて良かったくらいだが。

 出演者が言ったことで特に心に残っている言葉は、「シールド工法じゃあ、宇宙は救えない。」ってものと、「『バカ』と『せつなさ』と書いて『漢(おとこ)』と読む」ってもの。どんな場面で出た言葉かは、放送を見てのお楽しみだ。
 もし、放送されなかったら、公開録画のその様子のレポートをここで書く予定。
 そうそう、これは絶対に放送されないと思ったネタは、アニメマエストロの準備中に話していたネタで、「なぜラガンの駆動キーのコアドリルは、車のキーみたいに左回しではなく、右回しなのか」というもの。これも今日録画されたアニメ夜話が放送されてから書くことにする。
 というわけで、なかなか面白い公開収録だったんで、平成20年11月5日(水)午前0時~0時55分の放送が今から楽しみだ。もちろん、その前後の「電脳コイル」と「ガンバの冒険」についてのアニメ夜話も楽しみだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。