現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSアニメ夜話 第11弾 第二夜「ガンバの冒険」を見た。

 11月6日放送のBSアニメ夜話第11弾の第二夜は、「ガンバの冒険(ウィキペディア)」。出演者は、半田健人(俳優)、仁藤優子(女優)、神山健治(アニメ監督)、椛島義夫(「ガンバの冒険」キャラクターデザイン・作画監督)、河原さぶ(俳優・「ガンバの冒険」主題歌歌手)、岡田斗司夫、藤津亮太、加藤夏希、里匠アナウンサー。

 話の流れは、次のような感じ。
 出演者の紹介。
 ガンバの冒険の紹介。
 イカサマは、女の子にモテそうだとか、そんな話。
 半田氏のオススメのシーンは、第1話の冒頭のシーン。
 仁藤さんのオススメのシーンは、第10話のガンバがハグれてしまうシーン。
 ここで、ガンバの冒険の主題歌を河原さぶ氏が生歌で登場。
 岡田氏の3大オープニングアニメソングは、トリトンとガンバとサイボーグ009らしい。
 どのキャラクターが好きかといった話題に。加藤さんがノロイが好きという話から、椛島氏がノロイをスケッチしてくれることに。
 藤津氏のアニペディアのコーナー。映画的な演出の出崎監督とキャラクターの動きが魅力の椛島氏たちの奇跡的な出会いというか化学反応をいくつかの場面を見ながら解説。
 椛島氏のオススメのシーンは、第2話のガンバが初めて海を見る場面。海が動くシーンを背景に描かせているという話が出る。
 岡田氏のオススメのシーンは、第8話のザクリとガンバたちの対決場面。
 神山氏のオススメのシーンは、第23話のあるキャラクターが仲間を裏切って弟を返してもらう場面。イカサマが殴る強さで感情の動きを表しているといった話が出る。

 最後のまとめ。岡田氏曰く、「テレビアニメの教科書」。映像クリエーターや演劇をやる人は、ガンバを見て学んで欲しいと。


 感想は、やっぱりノロイは恐ろしい敵キャラだと確認したってところ。
 半田氏が話していた映画っていうのは、「冒険者たち ガンバと7匹のなかま」っていうもので、1984年の作品みたい。
 自分も再放送で見たクチなんで、最近あまりアニメの再放送をしないテレビの状況は、昔の良作品にめぐりあうチャンスが少ないことにつながり、非常に残念だということも感じた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。